「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」

今回はポケモン映画の感想です。
ネタバレ注意です!

というわけで、キミにきめてきました!
結論から言うと、思い出に全力でぶん殴られて泣きました。
なんやかんやあって一人で行ったんですけど、そうして本当によかった。

音楽からポケモンの声からが当時のままで、序盤は感動しっぱなしでした。
それから、ストーリーは無印とは全然違うんですけど、随所にテレビ版を踏まえてるなというポイントがあって、おおっ!と思ったところはいろいろありました。
やっぱサトシのリザードンといえばちきゅうなげなんですよ!
たどった冒険が違っても、そういう共通点が嬉しかったです。

テレビ版と重なるところ、違うところをいろいろ見て、これはやっぱり少し違った世界のサトシとピカチュウの物語なんだなと理解しました。
パラレル的な話は事前に聞いていたんですけども。
そして、そういうもう一つの世界を作ってまでもやりたかった一つの終わり、つまりおそらく首藤さんが考えていたであろうアニメ「ポケットモンスター」の結末が見られて本当に幸せだと思います。

ピカチュウが突然しゃべるなんて普通に考えたら絶対おかしいのです。
でも、企画段階で当初ピカチュウは途中から言葉を話す予定で、それはサトシにあの言葉を伝えるためだったと考えたら、ピカチュウが頑なにボールに入ろうとしなかったあの設定を作った首藤さんが遺した物語がこれなんだとわかりました。
あの一話はこの結末のために作られていて、失われかけたそれを見ることができたことに胸がいっぱいです。

途中の学校のシーンは、現実世界のポケモンをやっている子どもたち、そして昔ポケモンで遊んでいた人たちを指しているのだと思います。
ゲームの中ではポケモンと一緒に旅ができるけど、現実には、学校にはポケモンなんていない。
子どもの頃は夢中になって遊んでいたポケモンのこと、いつのまにか忘れてしまっていた。
そういうことなのかなぁと思っています。
サトシがもし現実にいたら、というifの意味もあるかもしれません。

今回の映画はとにかく、大人も子どももみんなが楽しめるように工夫されていたと思います。
アクション、ピカチュウとサトシの秘話、伝説のポケモンなど子どもたちが楽しい単純な見どころも多かったし、大人たちは細かいポイントで昔を懐かしんだと思うのです。
そして、ボンジイの子どもたちに向けたメッセージを聞いて、会場で一緒に見ている子どもたちを羨んだり…。
世代ごとに覚える感覚が全然違うと思います。
私はずっとポケモンから離れなかったタイプですが、いったん離れてまたこの映画を見た人なら違う感慨があったんじゃないかと思います。

ただ、昔に思いを馳せつつも、サトシの隣にいるのはカスミやタケシじゃなくて、ゼニガメもフシギダネもサトシはゲットしないのです。
これはやっぱり全然違う物語なのです。
今の子どもたちはサトシとピカチュウの出会いは知っても、あの頃とは違うポケモンを見ているわけで、あの自分が子どもだった時は絶対に戻ってこないのだと思い知らされました。
もう私は大人になっちゃったんだなぁと。

サトシはテレビシリーズでたくさんの仲間と出会って別れてを繰り返していて、いつでも別れは惜しまれ、再登場を望む声を聞きます。
私も前シリーズのキャラにはまた出てほしいといつも思っています。
でも、これは人生と同じであって、とんでもなく現実的なことなんだよなぁとこの映画を見て感じました。
あんなに毎日会って遊んでいた友達だって、卒業したら一生会わないなんてことは普通なんです。
大切な友達も、家族も、ずっと一生今のままなんて絶対なくて、どこかで別れたりして、必ず今の形は変わってしまう。
今まで生きてきた二十数年間だって、何回もそういう出会いと別れをしてきてるんだから。
だから、カスミやタケシが出てこないことに意味はちゃんとあって、私はそれでよかったと思っています。
EDにはまんまとやられましたけども。

そういう意味で、ロケット団は唯一変わらないポジションをキープしていて癒しの存在でした。
サトシのピカチュウ狙ってなくても、やることは変わらないんだなぁ~。
いいかんじとやなかんじ言ってるだけでしたが(笑)
ギャグ枠ということでね。

正直な話をすると、ポケモンアニメシリーズがどう終わるのかがここ数年ずっと気になっていました。
オリジナルアニメなので作ろうと思えばどんどんお話は作れるけれども、長く続くことで物語がブレてしまうのではないかという心配をしていたのです。
物語はやっぱり終わりがきちんとしていてこそ、完成されると思うので、いたずらに長く続けるだけがいいこととは限らないと思うのです。
そのうえで、やっぱり最初に考えていた通りの終わりは見たいのです。
それが今回一つの終わりを見て願いが叶ってしまったので、極端な話ですが今現在のアニポケがどこへ行こうともついて行くぜという気持ちです。
本当に良かった良かった。

心残りは売り切れでパンフレットが買えなかったことだけです。
後日別の映画館とかに買いに行きます!
ということで、いつも以上にパッションに任せて書いてしまったのでまとまらない文章ですが、映画サイコーだったよということでした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR