アニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」第36話「ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

今回はついにライチさんとの大試練バトル。
彼女のルガルガンに対抗意識を燃やすイワンコが気になっていましたが、様子は思わぬ方向へ…。
今までも勝ち気で割と喧嘩っ早い性格だなぁと思っていたイワンコですが、なんとサトシにまでかみついたのです。
その異変を感じ取ったのか、ライチさんは通常の大試練とは異なるダブルバトルを提示。
ダイノーズ&ルガルガンVSモクロー&イワンコのバトルになりました。

おっちょこちょいなところの散見されるライチさんですが、バトルスタイルは非常に考えられた攻守一体型でした。
流石一番ハードと言うだけあります。
攻めのルガルガン、サポートのダイノーズとおおまかな役割分担がされつつも、ルガルガンのステルスロックで動きを制限する、ダイノーズのでんじほうの強力な一撃など、単体でも一筋縄ではいかない動きをしてきます。
特に厄介そうだったのは、チビノーズによるマグネットボムですね。
3体のチビノーズを全部さばき切らないといけないので、実質5体を相手にしているようなものです。

対するサトシサイド。
落ち着かないイワンコと珍しく起きていたモクロー(やっぱり指摘されていた)、二匹とも気合は十分。
ライチさんの二体に比べると小さくて頼りなく見えますが、勢いはやっぱりかなりのものです。
モクローがイワンコを掴んで飛び、機動力を見せています。
飛べるポケモンに掴んでもらったり、背中に乗せたり、サトシのチームではもはやかなりおなじみの戦法ですよね~。

中盤にかけてはライチさんのスタイルに翻弄されつつ、互角の戦いを続けてきたサトシ。
ただ、大試練において必ず突破しなくてはならないのがZワザです。
食らえば即戦闘不能必至の超大技。
ライチさんが使うのは、当然いわのワールズエンドフォール。
あんな巨石どう対応するんだと思いますが、一度グラジオのやつを見ていたのが功を奏したのか、飛んでいるモクローは見事にあれをかわして見せたのです。
しかも、邪魔なフィールド上のステルスロックを破壊するのに利用するという…。
サトシ側はノーダメージ、しかも技を放ったルガルガンをかなり疲れさせることができました。
ここに関してはほぼ百点満点の出来じゃないでしょうか。
この機転の利かせ方は、流石サトシです。

そして、サトシもモクローのブルームシャインエクストラを発動します。
冒頭ではダメ出しされてましたが、ぶっつけで成功させるところがまたらしいというか…。
ダイノーズのギガインパクトを撃ち負かす威力というのがまたすさまじい…!
普段はやる気ないのが売りみたいなモクローですが、専用のZワザができて頼りがいが増したような?
それでもやっぱり通常モードはあのままでしょうからね~(笑)

ダイノーズがダウンし、1対2。
このまま押せ押せで行けるかと思ったのですが、予想外の事態が起こります。
なんと興奮したイワンコが身体を掴もうとしたモクローを攻撃してしまったのです。
Zワザの疲れもあって、その一撃でモクローはダウン。
まさかの味方にやられてしまうというオウンゴール的展開…。
正直これは前代未聞なんじゃないでしょうか。
流石にこれでイワンコは我に返り、とんでもないことをしたと青ざめますが…。

ここでサトシはイワンコを叱責することなく、いわおとしを特訓していた時と同じイワンコの真似をして、一緒に戦おうと促しました。
正直なところ、ここは怒ってもいい場面だと思ったのですが、わざとではなく進化を前にした本能によって攻撃的になってしまったイワンコは、ある意味仕方のないことともいえるわけで…。
イワンコの本能だとかそういうことをまったく知らずにあの態度をサトシが選択するというのが、トレーナーがポケモンと同じ目線に立っているサンムーンらしいなと思いました。
ほかのシリーズのサトシだったら、叱責まではしなくても声掛けだけに留まるとか、強い口調で励ますとか、それぞれ違う反応をしそうな気がします。

さて、サトシの言葉で奮起したイワンコはルガルガンと激しい攻防を繰り広げ、最後はいわおとしを決めて見事勝利しました!
ルガルガンにはZワザの疲労があったとはいえ、かなりの金星じゃないでしょうか。
ライチさんからいわZももらい、めでたしというところですが、気になるのはイワンコの進化についてです。
次回イワンコの進化回ということですが、ここまで伏線を結構張っているので、見どころは多そうです。
進化一つとっても、ただレベルが上がって~というワンパターンなものではなく、イワンコの思いや今回のような挫折的展開を取り入れて、イワンコに関わる重要なストーリーとして扱っているのがとてもいいなと思います。
例えば強くなりたいという気持ちでも、イワンコとニャビーではその理由は全然違っていて、手持ちの一匹一匹にきちんと焦点が当てられているのがいいですよね。

そんなわけで次回、イワンコはどっちの姿に進化するのか。
個人的にはまひるのすがたなんじゃないかと思ってます…当たるかなぁ?
グラジオも久しぶりに出るようで、面白くなりそうですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イワンコ

イワンコのショックは計り知れないわけで、当人が一番つらいわけで、それを考慮して練習して風景を重ねることで吹っ切れさせるというサトシらしい方式、近くにこんなふうに励ましてくれる人がいたらそりゃやる気にもなりますね

スモッドさんへ

コメントありがとうございます!

今回、今までにない厳しさの挫折を見たと思います。
仲間を傷つけてしまうというかなり重いミスに、迷わずイワンコをフォローする行動をとったサトシに驚かされました。
バトル終盤のイワンコの奮起にも納得でしたね~。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR