「ハイキュー!!」キャラクターについて 菅原孝支

今回は、ハイキューキャラの中でもかなりの人気を誇るスガさんこと菅原孝支(すがわらこうし)についてです!

スガさんは烏野バレー部の3年生で副主将、ポジションはセッターです。
このポジションが実は物語として重要な部分で、天才セッター、影山の入部でレギュラーの座を奪われてしまう人物なのです。
読み切り版の2つのどちらにも存在していなかったため、連載の中でレギュラーと控えの両方の立場を描くためのキャラなのかなと思いました。

とはいえ、実力が低いわけではなく基本に忠実な安定したプレーをする選手です。
そして、影山との一番の差はそのコミュニケーション能力!
明るく親しみやすい性格でチームメイトに分け隔てなく接し、厚い信頼を獲得しています。
特に扱いづらいツッキーの性格もしっかり掴んで、実力をうまく引き出しています。
影山は独善的なプレーのせいで、中学時代のチームメイトから拒絶されてしまった過去を持つので本当に対称的ですね。
彼らのエピソードでは、セッターには技術だけでなく仲間からの信頼もすごく重要だということがよくわかります。

スガさんのすごいところは、控えになってしまってもまったく腐ることなく、チームのために貢献しようとしているところですね。
むしろ、チームとして長く戦い続けるために影山を選ぶべきだとコーチに進言するんですから。
勝ち続けていれば、そりゃあ自分が試合に出られる場面も巡ってくるかもしれません。
でも、2年間積み上げてきたものがあって、ほかの3年はレギュラーで自分だけ出られない状況なのに、そう言えるってすごいですよね。
そして、影山に負けないように努力し続けて、影山に冷たくするどころかすごく目をかけてあげるなんて、もう人間できてるとかいうレベルじゃない!
烏野の先輩たちは、みんなそろって人間ができてる人ばっかりなのですが、スガさんは半端ないですね。
二つ名?である「不屈のセッター」とか四字熟語Tシャツの「不撓不屈」とか、見た目は少し頼りなさげなんですが芯の強い人なんだなと感じさせます。

また、いい人に見せかけて結構お茶目なところもあって、田中に対しては涼しい顔で辛辣な発言が多いですね(笑)
大地さんに説教できるのは、スガさんだけなんだとか…
大地さんの声を担当されていた日野さんのインタビューで烏野の母と言われていたように、大地さんとはまた違った角度で烏野をまとめている人物ですね。

そして、春高予選に向けて何やら新しいことを考えている様子なんです。
今度はセッターではなく、打つ方ということなんですが…
バレーに詳しくないので予想もつきませんが、あくまで貪欲に試合に出られる機会を狙っていく姿には感心してしまいます。

名前の由来は菅原はわかりませんが、名前の孝支はかなり明確な意味を持ってますね。
孝行の孝に支える。
どちらも誰かをサポートするという意味の字です。
先輩として、セッターとして、そして控えとして烏野を常に支えるという大きな役割を与えられた名前だと思います。
個人的な感想ですが、菅原っていうと菅原道真が思い浮かびます。
頭の良さで出世した人で学問の神様なので、イメージ的にもパワー頼みとは真逆のスガさんっぽいなと思いました。

ハイキューでは2回人気投票が行われていますが、1回目4位、2回目なんと2位と着々と順位を上げているのに驚いています。
読者に愛されるキャラなんだなぁ。
試合での出番はどうしても少なくなってしまうスガさんですが、彼の活躍をまだ明らかにされていない秘策とともに楽しみに待っています!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR