FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ8号「ハイキュー!!」第286話「脅迫」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

先週の暖かさのせいで冬が終わった気でいましたが、一転今週ドカンと雪が降って寒さも戻り大変な目に遭いました。
毎年雪は降るには降るんですけど、結局いつもてんやわんやするというのが雪国在住ではない人間の宿命なのでしょうか。
ハイキューを読むと、東北の人たちはもっと冷静に対処してるんだろうなぁと思うのでした。

さて、前回結構なインパクトを残した影山の脅迫(しんらい)ですが、ついに今度はタイトルに来ちゃったね!
最初のページからこえーこえーと思っていたのですが、ところがどっこい今回の脅迫は影山からではなかったという。
日向→影山もかぁ…結局似た者同士だよなぁ…と思わされたわけです。
増し続ける影山の精度に、ライバルなんだから日向は焦ったりしないのか?とも気になってたんですが、今はもう自分が決めるためにボールを寄越せと、それしかないっていう。

北の話を聞いて、日向も影山も侑も、それからノヤっさんもかな、こいつらはそういうやつらなんだよなぁと改めて認識したというか…。
ただ、そういうやつらが「最初から優秀」ではないにしても、バレーとそういう向き合い方ができるかというのは、やっぱり個人差があると思うのです。
治が侑との違いを言っていたように、そうできない、ならない人間もいる。
そうでないことに対して、悔しがるかそういうものだと認めるのかはそれぞれですが。
日向や影山のようになれない人間に対して決して、否定をしないところがハイキューの素晴らしいところです。
自分たちは幸運にも、世にも珍しいバケモンたちの宴に混ざれたラッキーな人間。
凡人とか才能のないやつみたいな言葉を使わずに、そう表現したこのセリフはかなり響くものがありました。

バケモンたちの宴の観客という趣向なのか、それとも二校の戦いのクライマックスを見守る観戦者目線に誘導するためか、今回はやたらと実況と解説が多かったですね。
実際の試合のような臨場感を覚え、否が応でも興奮が高まってきます。
個人的に嬉しかったのは、日向の足レシーブで普段からボールに触ってることに気づいてもらえたことです。
「遊んでる」という言葉選びもいい!

侑が日向に「感動した」と言ったのは、セッターの上げたボールをいつだって待ってくれているから、綺麗にあがらなかったとしても届けようとした全力を認めてくれているからだと感じたからでしょうか。
それは侑が誰よりスパイカーにボールを届けようと努力していることの現れかな、と。

そして次は侑のサーブ。
今回猛威を振るった影山サーブから一転、烏野ピンチです。
マッチポイントになってからのジリジリがまだ続きますね。
結末が予想できない!ドキドキです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日の大雪&寒さは大変でしたね。
久々に寒さがシンドいと思ってしまった…

ちなみによださんが住む地域は名古屋でしたか?
そちらでは今回、どれくらいの積雪だったかわかりませんが、想像で言うと…
よださんが住む地域より若干、量が多くて何より人口が多いのが東京。
その東京よりさらに若干量が多くて、でも人口が少ないから騒がれないのが宮城という感じでしょうか?(笑)
東北の中じゃ、宮城ってたいした事はないんですよ、ホント。
あと、車は冬になったら冬タイヤにするのが習慣になってるのは、差としては大きいのかな?

さて本編ですが…
苦しい展開はお互いさまです。もっと言えば同じ高校生だし、全国だろうが地方予選だろうが負けたら最後だし、3年生は引退するのも、全てにおいて条件が一緒。

なので、冒頭での影山のサーブが決まったあとの実況で「彼らは本当に高校生か!」と言う場面で、引退はしてるだけで同じく高校生・大将の「腹たってきた」にちょっと納得。

北の目線で語られる天才の定義。
天才と言う設定のキャラクターはハイキューの中で何人かいますが、影山が苦労や努力、何より日向と言う怖いモンがあるのを知ってるからか、やめられないし成長が止まらないのだろうな…と思います。

それと今回、影山のサーブで始まり侑のサーブで話が終るのも、ちょっとした対比かな?…と思ってしまった。

さて、実は次のお話を読んで内容も知ってる状態で、この書き込みをしてます。
ブログはよださんがアップした数時間後に拝見したのですが、書き込む余力無く寝落ちしました…(笑)

今週はハイキュー新刊の発売、楽しみです。

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

東北の方も厳しい寒さだったのですか~。それは少し驚きです。
そうです、私は名古屋なのですがたしかに人が多くて影響が大きいから報道が大々的なのかもしれませんね。
冬用タイヤをつけていても街中でスリップする車が多くて大変だったようです。
私は自転車を毎日使っているのですが、ギリギリ道が凍結してない時間だろうと踏んで乗って帰ったところ、雪まみれで真っ白になりました。寒かったです…。

サーブは対比に加えて脅威の象徴として使われることが多いですよね。
影山や侑にとどまらず及川さんやウシワカなどなど…。
山口などのピンサーを含めると、サーブはドラマの宝庫って感じです。
それだけバレーにおけるサーブは強力であり、特徴的なものなんでしょう。
また誰それのサーブだ!と毎回強敵登場感を出せるのも、ローテーションがあるバレーならではですし。
でも、盛り上がる場面にちょうど強敵サーバーを持ってこられるという試合の組み立ての妙にも、いつもうならされています。

新刊発売は今日でしたが、実はまだ買えていません(泣)
ただツイッターの発売宣伝イラストはしっかりチェックしたので、明日こそ本屋さんへ走ろうと決意しています!
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。