FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ12号「ハイキュー!!」第290話「バケモンたちの宴」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

さて、今回は表紙&巻頭カラー!
六周年です、おめでたい!
お店に買いに行って真っ先に飛び込んでくるのが、インパクトある白地に今にも飛び出してきそうな日向でびっくりしました。
この瞳孔ガン開きで狙いを定めてるイラストの勢い、すごいですね…!

そして巻頭のもタイトルにふさわしく、賑やかさと怪しさが同居した見ごたえあるイラストです。
ゴミ山に巻き付くしめ縄と競い合いようにそびえる鳥居と電柱が、両チームのしのぎを削り合う様に重なります。
こんなに白熱した試合が行われているというのに、キャラたちの表情がどこか楽しそうなのもハイキューらしくていいですね~。

さて、本編です。
いったい何週決まるか!?まだか!?を繰り返していたか…という感じでしたがついに決着です。
試合が決まる瞬間はいつも息をのみます。
最小限の台詞のみで、すごいスピード感を持って繰り広げられるラリー。

そして、こんな決着の仕方はまっったく予想してませんでした。
あの双子速攻を日向がブロックして終わるだなんて…。
これはまったくもってIH予選の青城戦と同じ結末じゃないですか。

最後のツッキーの台詞、日向と影山が「はやさ」を他人より少しだけ知っているということ。
双子速攻がこの試合の中で編み出された即興の技だったことを差し引いても、四月からずっと変人速攻に向き合ってきた二人の積み重ね、努力の結果が全国相手に証明された瞬間だったのではないでしょうか。
それが自分たちが速攻を決めることによってではなく、変人速攻(亜種ではあるけど)を打ち破ることによってなされるというのがまた…。
「変人速攻が完全無欠じゃないということを知っている」、これこそが成長の証なのだろうと思いました。

一方で、最後の最後に双子速攻を選択した宮兄弟も流石ですね。
これこそ最強の挑戦者という感じでした。
条善寺も似たようなことをやっていたけれど。
全国レベルの実力者で、まったく守りに入らずこういうことができるのはすごいと思います。
最後、落ちるボールが北の瞳に映っていた描写が気になります。
彼はこの結果をどう受け止めるのか。
なんだかんだ宮兄弟には次がありますからね。

そして次回は超久々の試合の間回。
敗者の反応も見どころですが、試合の緊張感から解き放たれたギャグも楽しみだし、こういうところで起きる出来事が後々重要になることもありますからね~。別の意味で見逃せません。

そんなわけで長かったですね~、稲荷崎戦。
ようやくです。お疲れ様でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

6周年記念の表紙&巻頭はファンやとして嬉しいですね〜。
ワンピースや銀魂に比べたらそうでもないでしょうが、6年は立派な長期連載だと感じます。

そして…
本編もようやく長かった稲荷崎戦の決着。
密度が濃いとか、稲荷崎メンバー目線でも話が進んだりと、色々あるのでまたも思い入れ深い試合だったなぁ…とか。

これで、ようやく音駒とのごみ捨て場の決戦だなぁ…とか。
色んな感想がありますが。

とりあえず、ここ数週間に渡っての今回で決着か⁉イヤ、次回以降に決着‼…が、ようやく終ったと言うのが、ひとまずの感想(笑)
ホント、長かった…

それと、日向が最後にブロックを決めて試合終了…と言うのは、確かに珍しいですよね。
今までの日向だと、アタックを決めて試合終了のイメージが強かったし。
ブロックで試合終了は、よださんが言うようにIH予選の青城戦のイメージが強いです。

この試合、烏野メンバーの成長をたくさん見れましたが、やはり日向の成長がたくさん語られたようには思うんです。
でも、本来のポジション的な役割で考えるとブロックを出来てナンボのMBなんだから、これが理想的な役割でしょうけど。
日向がたくさんの幅を持つ事で、その分の選択肢があり、頼もしくもあり…。

そして、最後のツッキーが独白でシメってのも、個人的に少し意外でした。
あんまり、しめるタイプには感じないからでしょうか?(笑)

来週からの数週間は、少し試合を離れてのお話になるんでしょうね。
もちろん、木兎たち梟谷や叶歌ちゃんたち新山女子の結果もありますが…
烏野の試合結果が出たあと、特に勝った後は安心して読めます(笑)

次回からのしばらくは、楽しみですね。
そして、烏養元監督はムリを押し切ってごみ捨て場の決戦を生観戦するのか?…も、気になるトコではあります…

大地さんファンですさんへ

コメントありがとうございます!

六周年、めでたいですね~!
前も思ったのですが、ワンピースと銀魂の次の長期連載がハイキューというのはかなりすごいことでは…!?

それにしてもようやく…ようやく決着ですね!
まだかなぁというやりとりをコメントでも何回したことか(笑)
決着の仕方もなかなかの意外性かつ成長の感じられるもので…。

後から考えると侑が対戦相手で、ユースという高校生の先を意識したという部分があったのか、より日向の選手としての可能性が重点的に描かれた気がしますね。
ツッキーの締めは私も意外でした。
合宿で日向の積み重ねを知っていたから選ばれたのか、それとも彼はおそらく日向や影山のようにずっとバレーをやっていくわけではないでしょうから、そういう引いた目線から見ている人物が必要だったのかなとか。ちょこっと考えていました。

この先に待つのは念願のゴミ捨て場の決戦ですからね!
選手たちだけでなく、周囲の面々もどんな感じになるのか楽しみです!
観戦メンバーの顔ぶれも目が離せないですね。
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。