アニメ「ポケットモンスターXY」特別編「最強メガシンカ~ActⅡ~」

今回は、約半年ぶりのポケモン特別編最強メガシンカActⅡの感想です。

メガシンカの謎を追うアランとマノンの冒険は、新たな情報を得てホウエン地方へと舞台を移します。
オープニングからもうかっこいいですね!
そして、ダイゴさんも序盤から早速登場!
アランとバトルすることになります。

ダイゴさんが繰り出したのは、色違いのメタグロス。
腕の部分にメガストーンをつけています。
前回も思ったのですが、それぞれつけているメガストーンがアクセサリーっぽく個性的でいいですね。

メガシンカシーンも前回同様かなりかっこいいです!
ダイゴさんのメガシンカの決め台詞は「石のきらめき 絆となれ メタグロス メガシンカ!」
キーストーンを取り出すときの仕草やボールの投げ方など、動きがいちいちキザな感じで流石ダイゴさん!

メガリザードンVSメガメタグロスの迫力も凄まじいですね。
コメットパンチで大岩が砕け、最強わざのブラストバーンまで飛び出します。
しかし、そのバトルを止めたのはなんとフラダリ!
予想よりも早い登場で驚きました。
がっつりストーリーに絡んでくる感じなんですね。

そして、メガシンカポケモン同士のバトルをカエンジシ一体で止めるとは…。
バトルの腕もかなりのもののようです。
あと、声がナレーションと同じ方でしたね。
何気にActⅠの時からいたのか。

アランに代表と呼ばれていて、アランは部下!?
アランにとってプラターヌ博士よりも大切な人と言われるなんて…。
なんでも、フラダリの運営するフラダリラボはメガシンカのときに発生するエネルギーの平和利用を考えているそうです。
そのため、アランのメガリングを通して情報を収集していたとのこと。
メガシンカポケモンを見たときに、リングが光っていたのはこのためだったんですね。
今回は、メガシンカのルーツを探る手がかりを求めてホウエンに来て、ダイゴさんにも協力を仰ぐようです。

ここで気になるのがアランとの関わりです。
アランもメガシンカを調査するために旅に出たわけですが、それはプラターヌ博士の研究のためだったはずです。
雰囲気が博士の許にいたときよりもクールになり、メガシンカポケモンを倒して最強になるという目的の変化があった理由もここで明らかになりました。

旅に出たものの、メガシンカの手がかりを掴めずにいたアランは、とある遺跡でフラダリに出会います。
遺跡のメガストーンを一足早く見つけたフラダリは、バトルに勝てば譲るといいます。
しかし、あっけなく破れてしまったアラン。
その時のフラダリの言葉から、望みをかなえるには最強でなければならないと考えているのだと思います。
さらに、フラダリはアランにリザードナイトとキーストーンを与え、自分のためにメガシンカの調査をするよう持ち掛けます。
また、研究を悪用する者から守るため博士にはこのことを言ってはならないとも。
それが、Ⅰでの矛盾に繋がっているんですね。
結局、博士とは完全に連絡を絶ってしまっているのでしょうか。

さて、ダイゴさんとフラダリの持つ古代の木簡からメガシンカのルーツに関わる伝説の巨石があるという遺跡への道が発見されます。
上からみると、雲に覆われていてなんだかラピュタっぽい遺跡です。
壁の模様は、ホウエンの伝説ポケモンの体の模様とよく似ています。
そして、ついに伝説の巨石登場!
石というより水晶とか宝石みたいな神秘的な色合いですね。
というか、ヒャッコクシティの日時計そっくりです。
あれも正体不明の物質で、メガシンカに関わるものだったので、関連性は高そうです。

フラダリが呼び寄せた研究チームの分析によれば、メガストーンに似たもので、しかもメガストーンより強いエネルギーを持っているとか。
その時、上空から突如レックウザが出現!
巨石の力でメガシンカし、襲い掛かってきます。
同時に、眠っていたグラードンとカイオーガも目覚めたしまったようですね。
メガリザードンとメガメタグロスが迎え撃ちますが、ここも大迫力でした!
かえんほうしゃを螺旋を描くようにかわす様子は、まさに昇り竜、新技のガリョウテンセイらしきわざも披露してくれました。
最後はりゅうせいぐんを放ち、遺跡を破壊して去っていきました。
巨石もなぜか消え去っています。

そして、消えた巨石の反応がカナズミシティ沖に現れたため、そこに向かう場面で今回は終了。
ダイゴさんもしばらくアラン達に同行するようです。
最後にフラダリが、ダイゴさんの知識は有用だから目を離すなとアランに伝えます。
いろいろと思惑を感じさせる台詞ですね。

最後に、新しく公開されたメガシンカポケモンがナレーションとともに映し出されました。
BGMと相まって、本当に映画みたいな迫力でした!

たくさんの要素が詰め込まれていましたが、細かい描写も丁寧にされていたと感じました。
前回からアランとマノンの仲がかなり深まっていましたね。
りゅうせいぐんで落ちてきたがれきから身を挺してマノンをかばったり、フラダリにも小さなガールフレンドとツッコまれていました。

そして、フラダリの企みも気になります。
元々、志があったけれど挫折を感じて悪役になってしまった人なので、現段階ではどの状態なんでしょうか。
もしかすると、今はまだ100%善人だったりして!?
また、アランが後々までフラダリの側にいた場合、ダイゴさんやもしかするとサトシと戦う可能性もありますね。

来春ActⅢ放送決定という告知がありましたが、次回は本格的にホウエンの伝説ポケモンが絡んでくるのでしょうか。
来年の映画の予告にも、グラードン、カイオーガが出ていたため、リンクするかもしれませんね!
明らかになったことも多いのですが、さらに多くの謎が残りましたね。
だから、いろいろと今後を妄想してしまうわけですが(汗)

ところで、本編と違ってこっちはかなり難しい言葉が多いですよね。
ルーツの意味は結局説明されないし、木簡とか、歴史の授業で習うようなものですよ!
若干大人向けでもいつもと違った雰囲気で楽しいのですが、小さい子はついていけてたのかなぁ(笑)

というわけで、早くも次回が楽しみで仕方ないです!
メガシンカポケモンのかっこいいバトルに興奮しつつも、裏に張られた伏線に目が離せません。
でも、気になることが多すぎて記事を書くのがいつも以上に大変なので、このくらいのペースでちょうどいいかも?

次回は、通常運転に戻ってセレナが主役になるみたいですね。
トライポカロンへ向けての頑張りが見られそうなので、楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久し振りですー
ようやく時間ができたので、数週間分まとめて見ました(^^)

最強メガシンカは、本編と違ってバトルの時に「避けろ!」を多用しないのが好きです(笑)
当てて当てられ、なんかゲームみたいなところがありますよね
だからといって機械的ではなく大迫力で、スタッフ様の気の入り具合に感謝ですねo(^o^)o

あとアランとマノンちゃんが仲良くなっているのは、個人的にとても美味しいです(笑)

次回も楽しみですね♪

No title

イリアさん
コメントありがとうございます!

最強メガシンカ含めXY編からのバトルは本当に迫力がありますよね。
いわゆるバンクと呼ばれるわざを出すときの同じ映像があまりなくなって、背景もよく動くため臨場感が増していると思います。
ゲームはターン制ですが、アニメだからこそできるリアルなバトルになってますよね!

アランとマノンの関係が深まっているのは嬉しいですが、今後フラダリの計画が明らかになったときに、二人がどうなるのかはとても気になります。

毎回の放送が見逃せませんね(^-^)
プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR