WJ50号「ハイキュー!!」第133話「セッター対決 ROUND2」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です。
ネタバレ注意です!

前回、狂犬ちゃんを囮にした金田一の攻撃が見事に炸裂!
及川さんと狂犬ちゃんの攻撃がかみ合い始めたかに見えた青城でしたが…。

打てば明らかに3枚ブロックに捕まる場面で、狂犬ちゃんは気にせず強打!
シャットアウトされてしまいます。
矢巾は悪態をつき、溝口コーチは立て直すよう注意しますが、狂犬ちゃんは「強打が決まらなければ気持ちよくない」と一蹴。
まだ青城側もゴタついてますね。
そんな中、今まで放任な感じだった入畑監督がちょっと怖い発言をしてました。

さて、再び攻撃を仕掛ける狂犬ちゃんですが、例のインナースパイクはネットに当たって失敗。
あれだけ狭いコースを狙うのは、やはり難しいようです。
しかし、2度目は成功。
狂犬ちゃんの武器は、並外れた腹筋と背筋。
そこから繰り出されるスパイクは、容易にレシーブできるものではないようです。
ということは、ブロックで防ぐことが重要になってきそうですね。

両者点の取り合いが続く中、及川さんがリベロ、渡になにか指示を出します。
次のラリー、花巻がブロックに当てて返したボールを拾った渡の返球は、やや左に逸れます。
レシーブが乱れたと思い、レフト側からの攻撃に備える日向でしたが、これが実は及川さんの作戦でした。
わざとレフトにブロックをおびき寄せてから、ライトの狂犬ちゃんにバックトス!
狂犬ちゃんがブロックに捕まらないように、ブロックを引きはがしてみせました。

ブレイクで3点差。
点を返したい烏野も、影山が日向の何かを指示。
それはなんと、日向のバックアタック!?
しかし、及川さんにブロックされてしまいます。
日向に攻撃を集めていなかったことから、仕掛けてくることを完全に読まれていました。
セッター対決、ここは完全に及川さんに軍配が上がりましたね。
その時のムカつく顔と言ったら…。
ご丁寧に台詞の最後に☆マークまで付いていました(笑)

影山は必死で平常心を維持しようとしており、初バックアタックをブロックされてしまった日向も悔し気です。
これは相当フラストレーション溜まってそうです。

先ほどの攻撃が不発に終わってしまったため、依然3点差のまま。
そんな中、スガさんがベンチに呼ばれます。
しかも、影山との交替ではなく交替の時に使うカードの番号を見る限り、ツッキーと替わるみたいです。
これは、前々から言っていた「打つ方のやつ」なんでしょうか!
何をしてくれるのか、気になる!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR