俺様ティーチャー8巻

今回は、俺様ティーチャー8巻の感想です。
前巻に引き続き夏休み編と二学期突入で新キャラ続々登場ですよ!
一応二学期から第2部開幕らしいです。

第40話
会長と忍者の夏休み。
会長のお供でドバイにやってきた忍者。
彼の回想で、中学時代の会長との出会いが語られます。
要するに、忍者が会長のキラキラっぷりに感激し、仕えようとする話なのですが、会長のぶっ飛び方がとんでもないです(汗)
世間知らずのお坊ちゃまでまともに学校に通ったことがないため、集団行動がまったくできないのです。
普段ボケ倒す忍者がツッコミに回るほどですから、相当ですね(笑)

第41話
夏休みに入ってからとんと出番のなかった鷹臣くんと真冬のお話。
鷹臣くんの大学時代の友人、柿本さんが登場します。
大学時代は真面目に教員資格を取る勉強をしていたため、柿本さんも一般人なのですが、なにかと鷹臣くんに張り合っては負けていたようで…
なんだかんだ鷹臣くんに認めてほしいという部分は、真冬に通じていますね。
そして、真冬は柿本さんに同情しつつも微妙にやきもちをやいてしまったりして…
今回は少女漫画度がちょっと高いかも!?
ちなみに、鷹臣くんは経営関係の講義も取っていたらしく、学校再建に向けて努力していた様子が垣間見えました。

第42話
新学期に突入です!
早坂くんに番長と、いつもの面々との再会を喜ぶ真冬。
特に、番長との絡みは爆笑です。
お互いに友達と思っているのに勘違いがどんどん加速していくという…
そして、校内に不穏な動きが現れ始めている様子も。
生徒会役員も招集され、賭けは新たな展開を迎えつつあるようです。

第43話
集められた生徒会役員の面々。
かなり癖が強そうです。
顔を合わせるなりギスギスしてますから。
一方、前回の最後で鷹臣くんと名前で呼び合っているところを早坂くんと番長に聞かれてしまった真冬。
思いっきり真冬たちの関係を誤解している二人。
早坂くんにはなんとか賭けのことを明かして誤解が解けたものの、番長は本当のことを知らないままに。
というか、このあたりから明確に番長が真冬を女の子として認識しだしています。
この漫画では、貴重な存在です(笑)
さて、落ち込む番長のもとにやってきた子分の河内、後藤から緑ヶ丘の不良が番長の座を狙って近々動き出すとの情報が。
番長はわれ関せずという態度なのですが、この計画の首謀者は番長側であるはずの河内、さらに裏では生徒会が糸を引いているようで…

第44話
前回のことで賭けの全貌を知った早坂くん。
生徒会が動き出したという情報をつかみ、今後のために夏男に連絡を取ることに。
しかし、早坂くんと忍者がいるため真冬は変装できません。
仕方なくついた嘘から夏男を呼び出すために頑張る早坂くんと忍者。
会って間もないわけですが、すでに結構息が合う二人ですね。
そして、賭けのことを知っている早坂くんに真冬が正体を明かしたくない理由とは…
真冬は珍しく女の子らしく、早坂くんはどこまでもいいヤツでお気に入りのエピソードです。

第45話
鷹臣くんの努力によって、緑ヶ丘学園文化祭が復活!
真冬も放課後は夏男に変装し、風紀部として準備の見回りを行います。
学校中がお祭りムードの中、おかしな事件が起こり始めます。
その名も「午後5時の神隠し」。
ここ数日5時に一人で廊下にいた生徒が30分行方不明になり、戻ってきたときにはその間の記憶を失っているという事件。
早速夏男は捜査に乗り出しますが、アクシデントにより神隠しは防げず…
不穏な空気が水面下で流れる緑ヶ丘。
果たして文化祭は成功するのでしょうか!?

ひとまず風紀部の成立を描いた第1部は終了のようです。
第2部は生徒会役員との対決。
役員たちも一筋縄ではいかないキャラばかりです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR