ゲーム「ポケットモンスターAS」プレイ日記 ソライシ博士救出作戦編

今回は、ポケモンASのプレイ日記です。

アクア団に連れて行かれたソライシ博士を助けるために、りゅうせいの滝に向かいます。
それにしても、ソライシ博士の研究所にいた女性はだれなんでしょう。
見た目が奥さんではない感じでしたし、ただの助手とも違うような…
関係が気になります。

道中の114番道路には、ボックスの管理者であるマユミの家があります。
彼女に話しかけるとボックス操作の画面で、ボックスを整理するのボタンを一番上に持ってくることができます。
この機能はかなり便利だと思います。
なんだかんだいって最も使っているのが整理するモードなので。
彼女の家のパソコンを見ると、カントー、ジョウトのボックス管理者、マサキからのメールも読めますよ。
ボックスの整理に関してはプロなのに、家の中がぐちゃぐちゃなのが面白いですね。

ちなみに、マユミの姉のアズサというキャラもいて、その人はRSEからゲームキューブにポケモンを預けられるソフト、ポケモンボックスの方の案内役でした。
何匹かポケモンを預けると、珍しいわざを覚えたポケモンのタマゴをくれるのでぜひ欲しかったのですが、そのソフトは持ってなかったんですよね…
現在はポケモンバンクの管理人らしいです。
やろうやろうと思っていていまだにやってないんですよね、ポケモンバンク(汗)

さて、りゅうせいの滝ではアクア団サブリーダーのイズミとしたっぱが待ち受けていました。
ユウキと組んでダブルバトルです。
幹部ともなると流石に結構強いです。
実のところ、苦戦したのはしたっぱのベトベターのどく攻撃の方でしたが…
ユウキの一匹目がキノココで、大丈夫かよ!と思いました。

バトルの後にはマグマ団のリーダー、マツブサ登場!
ASではマグマ団は一応味方のはずなんですが、こちらに対してまったく友好的じゃないですね。
邪魔するなら容赦しない的な雰囲気です(汗)

結局ソライシ博士の隕石はアクア団に奪われてしまったわけですが、博士は無事に戻ってきて事件は解決しました。
改めて、アクア団マグマ団両方のキャラが変わったなぁと感じました。
マツブサはかなり神経質そうな感じで、インテリっぽい口調ですね。
イズミはRSEではプライドの高い上品な人というイメージだったんですが、ガングロでずいぶんさばけた雰囲気です。
まだ登場してないのは、カガリ、ホムラ、ウシオですね。
一応ホムラとウシオは体験版で会話を聞いてるので、まったく会ってないのはカガリだけになりますね。
性格が変わっても、以前はわからなかったキャラクター性が楽しめるのはうれしいので、早く出てきてほしいです。

さて、ユウキはキンセツジムに挑戦するそうで、一緒に行くかという問いにはいと答えたら、なんと一瞬でキンセツシティまで連れて行ってくれました。
道中現れて回復してくれたり、今作のライバルはすごく親切だなぁ。

次回はフエンタウンに行くために、いよいよえんとつ山を登ります!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR