ゲーム「ポケットモンスターAS」プレイ日記 パパとの決戦編

今回は、ポケモンASのプレイ日記です。

トウカシティにやってきて、向かうはトウカジム。
ついにセンリと戦う時が来ました。
トウカジムのトレーナーは全員エリートトレーナーというところがもう手ごわそうですが、それぞれがスタイルに合わせた道具を使ってきます。
スピーダーやディフェンダーとかですね。
個人的にはあまりこういう道具は使わないんですが、油断しているとあなどれない効果があります(汗)

そして、センリとのバトル。
リメイク後のイラストが公開されたときから思っていたのですが、以前はクールなイメージだったのがなんとなく熱血っぽいというか、松岡修造風な雰囲気がしないでもない気がします(笑)
それはさておき、流石にパパは一筋縄ではいきません。
ケッキングは特性なまけの影響で2回に一度しか攻撃できないとはいえ、耐久力もなかなかのものなので削っていくのが大変です。
あくびを出されると交代することになりますしね。
それが2匹なので、切り札のワカシャモを温存するために最初のケッキングを倒すまでにかなりかかりました。

また、強力なのが一匹目を倒された後に繰り出されるかたきうちです。
BWのアロエもそうでしたが、このコンボは本当に厄介で、下手すると一撃でやられます。
対策として使ったのがハスブレロのねこだまし。
味方が倒された次のターンしか威力は上がらないので、ひるませてしまえば防げるのです。
ホントにハスブレロはジム戦でいい働きをしてくれます!

というわけで、バランスバッジをゲット!
もらえるわざマシンは、脅威だったかたきうち。
RSEではからげんきでしたが、これの印象がやっぱり強いです。

ジムを出ると、ミツルくんとそのお父さんに出会います。
子供たちがいなくなってからの、お父さん同士の会話が良かったです。
成長した我が子にいろいろと思うことがあるんだろうなぁ。

さて、次に目指すは海を渡った先のホウエンの右側。
リーグ制覇の旅も半分を超えました。
ここまでの感想としては、RSEに新要素を織り交ぜつつ、当時の雰囲気を再現していると感じました。
一方で、ポロック作りやゲームコーナーなどカットされるところはバッサリなくなってしまっているのは寂しかったですね。
キンセツシティの変わりようもびっくりしました。
アクア団、マグマ団、ダイゴさんなどのキャラ付けが深くされて、ムービーも加わったところはリメイクならではですね。

気になっているのは、メガシンカですね。
XYでは、3つ目のジムに勝った時点でメガシンカが使えるようになったのですが、ここまで音沙汰無しです。
メガストーンはいくつか手に入れているのですが…
伝説のポケモンのゲンシカイキも気になりますね。
メガシンカと何が違うのか。
この先の情報を何も仕入れてないので、いまだに全然知らないんですよ!

いよいよ本格的にアクア団との戦いも始まる後半戦。
今後もマイペースに進めていきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR