アニメ「ポケットモンスターXY」第55話「最弱のドラゴン!?ヌメラ登場!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

新年1回目のポケモンは、ヌメラが登場!
ゲームXYでもパーティーに入れていたポケモンだけに、お気に入りの一匹です!

ヒヨクシティを目指すサトシたち、頭上をスワンナたちが飛び去ったあと、サトシの頭に突然ヌメラが降ってきます。
図鑑によれば、最弱のドラゴンポケモンだというヌメラ。
なんだか弱っている様子なので、水を与えようとするのですが、川は崖の下でした。
そこで、ためらいなく崖を下りるのがサトシのすごいところです。

勢いがつきすぎて岩にぶつかりそうになっても、すかさずピカチュウがアイアンテールで粉砕。
ナイスコンビネーションです。
ヌメラはぐったりしつつも、ピカチュウの活躍を見つめている様子で、やはり強いポケモンには憧れるということなのでしょう。

さて、川で水分を補給し、元気になったヌメラですが、ユリーカのポシェットから出てきたデデンネにおびえてしまいます。
ドラゴンタイプはフェアリータイプに弱いですから納得の反応ですが、かなり臆病な性格のようです。
でも、弱虫と言われると怒ったり、ぬめぬめしてて気持ち悪いと言ったセレナにあまごいを使ったり、自分の気持ちをわかってもらえたときには大喜びで肩に乗っかって耳をなめるなど、とても素直な性格でもあるようです。

そうしているうちに、ヌメラはお腹がすいた様子。
特性「そうしょく」のためか、ヌメラの好物はやっぱり葉っぱでした。
嬉しそうに食べているところにボールから出てきたのは、ハリマロン。
近くの木になっているきのみ(珍しく普通の桃っぽいきのみでした)が食べたかったらしく、ミサイルばりで実を落としたところまではよかったものの、その木に住んでいたアリアドスを怒らせてしまいます。
シトロンが素早く謝ったためアリアドスは帰っていきましたが、ヌメラは水たまりができるほどの汗をかいて震えていました。

どうしてこんなにも怯えているのか。
ヌメラの真意を探るためにシトロンが出したのが、今回の発明品「ポケモン思考翻訳機」!
ポケモンの頭に浮かんだ映像をテレビ画面(ブラウン管です…)に映し出す高性能マシンということですが…
映し出された映像によると、どうやら住処をむしポケモンにめちゃくちゃに荒らされ、スワンナの背に乗って逃げてきたということみたいです。
ちなみに、続きが映らなかったためテレビを叩いたら、マシンは爆発しました。
ニャースの翻訳の大切さがよくわかりますね(笑)

むしポケモンに怯えていたわけはわかったのですが、ヌメラは何かほかにもピカチュウに打ち明けたいことがあるみたいでした。
しかし、ロケット団が乱入し会話は中断、ピカチュウとヌメラが奪われてしまいます。

メカを珍しく効果的に使い、逃げおおせたロケット団。
ピカチュウゲットを祝して宴会に興じます。
何度このパターンで痛い目を見る展開を繰り返しているのでしょうか(笑)

ここで、ロケット団の宴会が思わぬはっちゃけっぷりを見せます。
ソーナンスの腹芸、ニャースのメイク、コジロウはハスボーのまね、ムサシの至っては割りばしを鼻に突っ込んで、顔芸を披露していました。
混ざりたいくらい楽し気でした。

一方、ピカチュウはこの隙に檻を壊そうとたいあたりを繰り返します。
しかし、檻は固く、傷つくピカチュウにヌメラはまた怯えた様子です。
ここで、ピカチュウがヌメラを励まします。
強く、諦めないピカチュウにヌメラは感動したようでした。

ピカチュウのがんばりでなんとか檻の一部に隙間ができたのですが、ピカチュウの体は挟まってしまい出られません。
そこで、今度はヌメラが活躍します。
ピカチュウの全身をぬめぬめにして、檻から抜けることに成功しました。
また、逃げる時に素早く走れないヌメラをピカチュウが背中に乗せてあげました。
ピカチュウの頼れる行動に、ヌメラはもう大感激です。
ポケモン同士が協力する展開は、やっぱり見応えがありますね。

さて、流石にやすやすと見逃してはくれないロケット団。
コジロウが追いかけてきます。
「韋駄天のコジロウをなめるな」と言ってるんですが、そんな異名初めて聞きました(笑)
今回のロケット団はホントに自由ですね。

サトシたちもヒノヤコマの活躍でピカチュウたちを見つけます。
気球で追いついたムサシのバケッチャのシャドーボールから、サトシが体を張ってピカチュウたちをガード!
直撃にも関わらずぴんぴんしてますね…
しかし、ピカチュウとヒノヤコマで応戦するものの、マーイーカのサイケこうせんで2匹がこんらんになってしまい、劣勢に。
そこで、ポケモンをかばうサトシの勇敢さに胸打たれたヌメラが自ら盾になって攻撃を受け止めました。
シャドーボールとサイケこうせんの連撃を耐え、がまんで見事2匹を倒しました!
ゲームでもヌメラ系統はかなりのとくぼうの高さを誇っていますからね。

ピンチを救ってくれたヌメラをサトシは弱くなんかないと絶賛します。
でも、やはりデデンネは怖いようで、何か事情があるのかも、とシトロンは推測します。
フェアリータイプにトラウマがあったりするのでしょうか。
そして、ピカチュウみたいに強くなりたいとヌメラはサトシの手持ちになりました!
モンスターボールをぶつけられると思って目をつぶってしまったヌメラに、優しくボールを当てるサトシが印象的でした。

さて、今回からOP曲が変わりましたね!
ポケモンらしい歌詞も織り交ぜられた爽やかでカッコいい曲だと思います。
サビが覚えやすいところもいいですね!

気になる映像の方ですが、シトロン戦の比重はやはり大きいようですが、7番目のリーダー、ゴジカまでいるということは、結構なハイペースで進むんでしょうか。
新メンバーのヌメラですが、かなり早い段階で最終進化形までいくみたいですね。
これは、たぶん異例の速さなんじゃないかと思います。
そこに、今回も触れられたヌメラの事情とかが関係してくるのかな?
そして、一番気になったことは最後の方に出てきたキモリを連れた少年です。
リーグでのサトシのライバルになるようなポジションなんでしょうか。
サトシの足跡を着いてくるという描写が、サトシがトレーナーとして成長しているのを感じさせますね。

新年から期待が高まるアニメポケモンですが、次回もヌメラがメインのお話みたいです。
デデンネとの関わりが描かれるようなので、フェアリータイプが苦手な理由が判明するかも!?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR