WJ8号「ハイキュー!!」第141話「"チーム"」

今回は、ジャンプ本誌のハイキュー感想です
ネタバレ注意です!

前回、田中の挑発に乗ったことからツッキーのブロックに捕まり、調子を崩してしまった狂犬ちゃん。
今回は彼の回想から始まります。

部活になじめていなかった彼は、地域のバレーチームに混ぜてもらって練習していたようです。
日向やノヤっさんもそうしていた描写がありましたが、狂犬ちゃんはいろいろなチームを行き来していたみたいです。
チームになじめないのにバレーをやっている理由は、小さなころにお父さんに連れられて行った(おそらく)プロの試合がきっかけのようです。
チームスポーツだからというわけではなく、純粋にスパイクが打ちたいからみたいな理由かもしれません。

場面は変わって、現在。
タイムアウト後も、狂犬ちゃんのスパイクはネットに当たって決まりません。
ベンチでは2年の控えセッター矢巾が、歯がゆそうな面持ちで見つめています。
リベロの渡が声をかけるも、無言で振り払われてしまいます。
たまらず及川さんが岩ちゃんを出動させようとしますが、ここでメンバーチェンジ。
国見ちゃんと入れ替わります。

監督にも冷静になるよう言われますが、かなり苛立っている様子ですね。
ベンチメンバーも狂犬ちゃんを避けています。
そんな中、声をかけたのは矢巾でした。
同じ2年として、勝手に戻ってきて試合に出ている狂犬ちゃんや彼を迎え入れる決断をした及川さんたち3年の考えなどにいろいろな思いがあったようです。
勝つには強い選手が選ばれるのはわかっていても、やはりチームで練習していなかった狂犬ちゃんがあっさり試合に出るというのは納得しづらいということでしょう。

でも、矢巾の一番の気持ちは3年生の最後の大会を狂犬ちゃんのせいで終わらせてほしくないということでした。
そして、それは控え選手たちチームメンバー全員の気持ちでもあったようです。
思いもよらなかった矢巾の喝に面食らう狂犬ちゃん。
チームにいようとしなかった狂犬ちゃんには、自分の気持ちよりもチームの勝ちを優先させるという考えは衝撃的だったのでしょう。
そして、勝つために狂犬ちゃんが必要だと思うからこその「頼むから力かしてくれよ」という台詞。
気に食わない相手でも、チームだから向き合うという気持ちが伝わってきました。

矢巾は及川さんの後釜となるセッターで、狂犬ちゃんは有力なエース候補。
来年の青城を担っていくだろう二人のやり取りは、しっかり監督の目に入っていたようです。

一方、入れ替わりで入った国見ちゃんのフェイントを影山はしっかり予測し、レシーブ成功。
IH予選時、国見ちゃんの要所での働きには痛い目を見ましたからね。
この攻防でも、お互い意識し合っているようです。

依然烏野が2点差をキープしていますが、ここで再び狂犬ちゃんがIN。
そして、最初のトスは狂犬ちゃんに上がります。
調子を崩しての交代だったにも関わらず、即座に狂犬ちゃんに上げる及川さん。
「問答無用で無慈悲な信頼」を向けられた狂犬ちゃんの顔には、初めて緊迫の色が浮かびます。

今まで、中学時代も地域のチームにいた時もチームメイトにとって、狂犬ちゃんは本気で向き合うことのない相手でした。
調子が良ければトスを上げるけど、悪いならボールは回ってこない。
とあるチームにいた清さんという人は、チームと向き合おうとしない彼を逃げていると断言しました。
チームは頼もしいけれど、重圧にもなる。
チームスポーツであるバレーにおいて、それと向き合わないことは許されないと。

その意味を理解した狂犬ちゃんのスパイクは、見事なコースで烏野に炸裂しました!
不調を振り払ってスパイクに一番興奮していた矢巾、飾ることなく狂犬ちゃんを褒めた及川さん、それに応えた狂犬ちゃん。
烏野とはまた違いますが、これが青城のチームの形なんですね。
再び、歯車がかみ合って青城が調子を取り戻しました!

今回は、チームの在り方、捉え方についてとても考えさせられるお話でした。
私自身、運動部だったこともなくチームスポーツの経験が皆無なので、彼らの言葉や思いを100パーセントは理解できていないと思います。
彼らに心動かされるとともに、読み返すほど文章にするのを難しく感じた回でした。

さて、次回は巻頭カラー!
「頂プロジェクト」なるものが始動するそうです。
一体なにが始まるのか、ドキドキです♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR