アニメ「ポケットモンスターXY」第57話「バニプッチ・パニック!ホワイトアウトはこおりごおり!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

冒頭は森の中を彷徨い、不安そうな鳴き声をあげるバニリッチとバイバニラが映し出されました。

場面は変わって、次のジムがあるヒヨクシティに着いたサトシたち。
街中のアイスクリーム屋さんに行くと、バニプッチ型のアイスが。
この形はヒウンアイスを思い出しますね。
地方の名産品は、どれもおいしそうです。

ここのアイスがバニプッチだったのは、迷子のバニプッチが保護されて街で話題になっていたからでした。
早速サトシたちは、バニプッチを見るために保護されているポケモンセンターに向かいます。
道中街の中にはくさタイプポケモンがいっぱい。
ヒヨクシティの特徴みたいですね。
きれいなお姉さんとキレイハナをハリマロンとユリーカがナンパして、シトロンに回収される一幕もありました(笑)

さて、ポケモンセンターは長い坂の上にあり、地道に登っていくのですが…
疲れている一行の横をモノレールが通り過ぎていきます。
どうやら乗れることを知らなかったようですね。
ゲームでも、ヒヨクシティは勾配のある地形でモノレールに乗って街の上と下を行き来します。
ゲーム版では、移動方法がモノレールしかないのでややめんどくさかったり(汗)

ここでシトロンがメカを取り出します。
履くと自動で進む靴ですが、見た目がサンペイ初登場回のジャンプ力増強シューズまんまです(笑)
案の定暴走し、道端の柵を突き破ってしまいます。
すると、集まってきたのはウツボットの群れでした。
独特な「ヤー」という鳴き声が懐かしいです。
怒ってシトロンを飲み込もうとする様子も、コジロウのウツボットを彷彿とさせます。

さて、ここでゴーゴートに乗ってジムリーダーのフクジさんが登場します。
ここは、くさポケモンの放牧場で立ち入り禁止だったそうです。
キマワリのソーラービームで発電とかしてるようですが、すごいですね。

フクジさんに近道を教えてもらい、やっとポケモンセンターに到着。
バニプッチを見せてもらいます。
ユリーカはバニプッチに大はしゃぎ。
ピカチュウ、デデンネと一緒に楽しそうにしているのもかわいかったです!

バニプッチのごはんを用意するため、一時人がいなくなってからやってきたのはロケット団。
今回の目的は、バニプッチを利用してアイスを作ることらしいです…
三人ともジョーイさんに変装していますが、個性を出しつつクオリティ高いですね!
ムサシはミニスカート、コジロウも普通にかわいいです。(昔はコジロウの女装多かったですよね)
まんまとバニプッチを強奪するも、サトシたちも気づいて追いかけます。

すると、苦しむバニプッチの鳴き声に冒頭に出てきた仲間のバニリッチ、バイバニラが反応して吹雪を起こし始めました。
その規模は街全体に及び、住人とくさポケモンは大混乱です。
あまりの寒さにロケット団の速度も落ちて追いつかれ、口上も途中で失速してしまいます。
そこへバニリッチたちが現れ、ロケット団は氷漬けに。
なんとか止めようと突っ込んだサトシも冷気の直撃を浴びてしまいます。

流石になすすべのないサトシを助けたのは、またしてもフクジさんでした。
無茶をするサトシに「死にたいのか」と一喝。
ここまではっきり叱責する展開はちょっと珍しいですね。

フクジさんはワタッコを繰り出し、にほんばれで天気を変えます。
さらに、キマワリの群れを呼び寄せてソーラービームであたりの雪を溶かしてしまいました。
流石ベテランジムリーダー、鮮やかな手際です!

余談ですが、キマワリの群れと雪解けという展開は、金銀編のある回を思い出します。
金婚式のおじいさんとおばあさんが思い出のキマワリを見に行くというお話だったと思いますが、感動的なストーリーだったことを覚えています。

さて、フクジさんの活躍でバニリッチたちはおとなしくなりましたが、ロケット団がプランBを発動!
久々に大型メカが登場します。
内部にバニプッチたち3匹を閉じ込め、彼らの冷気を増幅させて打ち出すメカとのこと。
ちなみに、アイスも作れちゃいます!(コジロウ解説)

ピカチュウ、フォッコ、ルクシオの3匹同時攻撃で迎え撃ちますが、冷気の予想外の威力に歯が立ちません。
メカを操縦するニャースもジョジョ立ち?(ジョジョはわからないのですが)らしきポーズを決めノリノリです。

ここでもフクジさんが見事なアシストを見せてくれます。
ゴーゴートのくさむすびでメカの動きを止め、やどりぎのタネで送風口を封じました。
その隙に、サトシのゲコガシラがいあいぎりで送風口を破壊。
ロケット団を撃破しました。
バニプッチは無事仲間と合流し、元の住処に戻ることができてめでたしです。

騒動の後、フクジさんからはサトシに「まっすぐ進むだけでなく、回り道をすることも重要だ」とアドバイスが。
急がば回れということでしょうか。
今回も正面突破では、バニリッチやロケット団を止めることはできませんでしたからね。
最後に、ジムリーダーであることを明かし、サトシの挑戦を楽しみにしていると言って去っていきました。

初登場から大活躍のフクジさんでしたが、手ごわそうな感じがしますね。
今までのリーダーが正面からぶつかり合うタイプだったのに対し、フクジさんは柔軟に的確な指示を出していました。
やはりベテランという感じですね。
コンコンブルの偏屈だという台詞があったので、どんな性格か気になっていましたが、そこは優しくて親しみやすいおじいちゃんでしたね。

次回のジム戦、すぐにバトルというわけではなく、ガーデニングみたいなことをするようです。
メープルさんの生け花修行もそうでしたが、一見関係ないようなことが思わぬ意味を持っているということかなぁ。
「回り道」がキーワードになりそうですね。
サトシが相性で不利なゲコガシラを使うことも、それが関係しているのでしょうか。
迫力のジム戦に期待したいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR