アニメ「ポケットモンスターXY」第58話「ヒヨクジム戦!ゲコガシラVSゴーゴート!!」

今回は、アニメポケモンの感想です。

いよいよやってきたヒヨクジム戦!
冒頭から早朝ランニングをするなど気合十分のサトシ。
それを見つめるセレナも目標に向けて、強い気持ちを持っているのがわかります。

ヒヨクジムは、街のはずれにそびえる大きな木にありました。
木をてっぺんまで登っていくのですが、ゲームよりも自然のままの雰囲気でした。
到着したサトシは、早速ジム戦へと気がはやっていますが、フクジさんの勧めでお茶を飲むことに。
茶柱が立っていて縁起がいいですね。

その後も、草むしりを手伝うことになってかなり不満げです。
早く終わらせようと手あたり次第に草を抜こうとするサトシに、フクジさんが注意しました。
目の前のものに囚われるのではなく、落ち着いてじっくり観察することで大切なことが見えてくる、と。
雑草の中には新芽が混ざっていて、サトシはそれに気づいていなかったのです。
前回の回り道同様深いアドバイスですが、ベテランジムリーダーならではの言葉ですね。

さて、ようやくジム戦に。
3対3のスタンダードな形式ですが、サトシの一匹目はセオリー通り有利な相性のヒノヤコマ。
対するフクジさんは、ワタッコを繰り出しました。

前回のロケット団戦でもそうでしたが、フクジさんはとにかくへんかわざの使い方がうまいです。
コットンガードでぼうぎょを上げ、ニトロチャージやはがねのつばさを難なく耐えます。
さらに、にほんばれで天気をひざしがつよい状態に。
ワタッコの特性ようりょくそは、この状況下ではすばやさが2倍になるのです。
上がったすばやさを利用して、ヒノヤコマの攻撃をことごとく避けてしまいます。

対抗するためにサトシもニトロチャージを連続で使って、ヒノヤコマのすばやさを上げます。
すばやさの上昇に合わせて、炎のエフェクトが変化するのがかっこよかったです。
結果、ワタッコを捉えひとまず一勝。
トリッキーな戦法に翻弄されたものの、ヒノヤコマはまだ無傷です。
これだけわざの効果が出てくると、ゲームをやっている身としてはうれしいですが、解説のシトロンが大変そうでした(笑)

このままヒノヤコマだけで勝てると豪語するサトシですが、そううまくはいきませんよね。
なんだか今回のサトシは、気持ちがはやるあまりいつもより子供っぽい気がします。

フクジさんの2番手はウツドン。
ちょっと懐かしいポケモンですね。
ウツドンの特性もようりょくそなので、先鋒のワタッコのにほんばれがまた効果を発揮します。
上がったすばやさで攻撃を回避しつつ、どくのこなでヒノヤコマをどく状態に。
ヒノヤコマも善戦しますが、どくで動きが鈍ったところにたたきつけるやはっぱカッターを受けてダウン。

このたたきつけるがターザンのようにつたを使って相手を叩き落とすなかなか強力なものでした。
強くなるためにボールの外で見学していたヌメラも不安そうな表情です。
激しいジム戦が、ヌメラの恐怖心を煽らなければいいのですが…

サトシの次のポケモンはルチャブル。
相性的には有利ですが、ウツドンがやはり強い!
まともに決まったのは初手のフライングプレスくらいで、ヒノヤコマ同様どく状態にされ、やられてしまいます。
何度も立ち上がって、戦う様子を見せていましたが一歩及びませんでしたね。

サトシの最後のポケモンはゲコガシラ。
相性では不利ですが、スピードを活かしてかげぶんしんで攻めます。
しかし、ウツドンが冷静に気配を読んでくさむすびを決められてしまいます。
流石にポケモンもかなり鍛えられていますね。

さらに、先程からの必勝パターンであるどくのこなを仕掛けてきますが、ここはケロムースをマスクがわりにして回避。
サトシならではの機転の利いた対処です。
その後、つばめがえしを決めてようやくウツドンをノックアウトします。

フクジさんの最後の一匹は、ゴーゴート。
ゴーゴートはかげぶんしんに対して、ウツドンとは違った対応をしてきます。
つるのムチで分身も本体もまとめて薙ぎ払ってしまったのです。
また、ゲコガシラを取り囲む竜巻のようなはっぱカッターを放ち、どっしりとした重量級の攻撃を仕掛けてきます。
さらに、ゴーゴート系統の特徴である感情を読み取れる角でフクジさんと意思疎通を図っています。
これは、最後の切り札にふさわしい強敵ぶりですね。

対するゲコガシラも、わざの精度をレベルアップさせ、分身の量を増やします。
ここは、ゲコガシラの成長ぶりが見られて感心したのですが、今度はやどりぎのタネを四方八方に伸ばして消されてしまいます。
つばめがえしを当てるものの、ウッドホーンでその分のダメージも即座に回復されてしまい…
ついにやどりぎのタネに捕まってしまいました。

この展開には、サトシもかなりの焦りを感じます。
ポケモンを信じているのは同じなのに、どうしてこんなに追い詰められてしまうのかと。
ここで、ピカチュウがサトシを励まします。
やはり、サトシにはピカチュウが一番効果があるみたいですね。
すぐに平常心に戻ることができました。

なんとか立ち上がったゲコガシラをまたもはっぱカッターが襲いますが、サトシははっぱカッターを叩き落とすのではなく、葉っぱの弾幕の向こうにいるゴーゴートを見切るように指示します。
それを聞いたゲコガシラは、はっぱカッターが当たるのをものともせず、冷静にゴーゴートの気配を読んでつばめがえしをクリーンヒットさせます!
目の前のことに囚われない冷静さがここで活きましたね。

最後は、かげぶんしんを囮に使い、ゴーゴートがそれに対応している隙に威力を高めたみずのはどうでノックアウト!
これも雑草の中で見えていなかった新芽の存在を利用したのでしょうか。

今回は、バトルに出たヒノヤコマ、ルチャブル、ゲコガシラに、サトシを励ましたピカチュウ、戦いを見守っていたヌメラと、サトシチーム全員が役割を果たしていましたね。
フクジさんも老練なバトルスタイルに新鮮味があって、見入ってしまうジム戦でした。
提示された課題にしっかり自分なりの答えを出していくサトシを見ると、一段と成長しているのを感じます。

さて、次はセレナのトライポカロンの番ですが…
次回はセレナとサトシがデート!?みたいな内容らしいです。
サトシと恋愛は果たして結びつくのか!?
次回が気になりますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よだきち

Author:よだきち
よだきちといいます。好きなこと、ものについて気ままに書いていきたいと思っています。更新頻度は気まぐれです。
ツイッターを始めました。
アカウントは@yodakichi0151です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくださった方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR